• 2020年09月23日(水)

    トップリーダー教室~竹岡広信先生に講演していただきました~

    9月23日水曜日,トップリーダー教室が楠隼ホールにて行われました。

     

    今回お招きした方は,学研グループ特任講師,駿台予備校講師,竹岡塾の主催などで知られる竹岡広信先生です。

    先生は,ドラマやマンガの『ドラゴン桜』の英語教師のモデルになられた方としても有名で,多くの参考書や問題集も手がけられています。

     

    今回の演題テーマは「困難を乗り越えるには」。

    英語を学ぶ上でとてもためになることだけでなく,ご自身の過去の失敗やそれを乗り越えることで得られたことなどについて,冗談を交えながら楽しくお話ししてくださいました。

    講演の最後には生徒達へ熱いメッセージもいただきました。

     

    とても貴重な経験をすることができました。

    竹岡先生!ありがとうございました!

     

    image1 (5)

    寄贈いただいたもの

    寄贈いただいたもの2

  • 2020年09月17日(木)

    楠隼人 ~ピーター先生~

    みなさんこんにちは。

    今回から楠隼での生活に携わる多くの方々をご紹介するコーナー,人呼んで「楠隼人」をブログにアップしていこうと思います。

    このコーナーは,生徒会広報委員が楠隼の様々な人にインタビューした内容を載せるものとなっております。

     

    今回は,先日離任式で本校を離れられたピーター先生です。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    本「楠隼中学校・高校に来てどのくらいですか?」
    ピ「2年間です。」

    本「日本に来ようと思ったきっかけは何ですか?」
    ピ「実を言うと,元々私はアメリカから外国に飛び出す気はなかったんです。きっかけは大学の最終学年の時に友人から外国,具体的には日本で過ごしてみるのもいいんじゃないかと勧められた事ですね。そこで僕自身,確かにアメリカにずっといたけれども,これを機に外へ飛び出して見るのもいいんじゃないかと思い始めました。」

    本「好きな日本の食べ物は何ですか?」
    ピ「そうですねぇ,日本の食べ物はどれもおいしくて,日によって何を食べたいか変わるんですけど,強いて挙げるならお刺身とかの生魚ですね。」

    本「先生はどんな授業をされているんですか。」
    ピ「高校に行くことが多いのですが,1年生には発音,アクセント等を,2年生にはグループでのディスカッションやディベートを通してよりよいコミュニケーションの取り方を,3年生では複雑な英文でも整理して読めるような文法を教えています。どのクラスにも共通して言っていることは英語はあくまでも自分の目標を叶えるためのツールであって目標ではないと言うことです。」

    本「何を意識して授業をしていますか?」
    ピ「私は「生徒は明るく賢い」という事を常に念頭において授業をしています。先生というのは生徒にとって上司というよりも生徒に寄り添い共に歩むものだと思っています。だから何を考えるか,つまりすぐに答えを教えるのではなく,どのように考えるのか,あくまで答えを導き出す課程でサポートする存在であるように心がけています。また生徒達に疑問や課題に対して自分自身の考えを述べさせるようにしています。」

    本「2年間楠隼にいる中で一番の思いでは何ですか。」
    ピ「うーん,僕にとってはどの経験も素晴らしいもので順位付けをするのはとても難しいのですが,現在の3年生が昨年アメリカへ海外大学企業連携研修にいく前に行った,ディベートに向けたディスカッショントレーニングがとても印象に残っています。高校3年生(当時2年生)一人ひとりが積極的に英語を使おうとして,とても楽しそうに活動していました。協力してもらった他の学校のALTの先生達も感激していました。」

    本「夢は何ですか?」
    ピ「夢,というよりはしたいことになってしまうかもしれませんが,アメリカに帰ったら家族や友人との時間をとりたいですね。そして大学院で博士号を取って心理学者として学校で働きたいと思っています。生徒達によりよい学びを届けるだけでなく,先生達がよりよく教えるための手助けがしたいと思っています。」

    本「何かモットーあるいは好きな言葉があれば教えてください。」
    ピ「"Catch more flies with honey than with vinegar."(直訳:お酢よりもハチミツで多くのハエを捕まえよう)(意:厳しくするより優しい方がより多くの望みを得る)ですかね。教育というのは生徒と教師間の人間関係に基づいて成り立っていると思っているので,良好な関係を築くことでより良い教育を施せたらと思っています。」

    DSC_6169

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    『ピーター先生は9月11日を以て楠隼を離任し,自分の夢のためにアメリカへ飛び立ちました。ピーター先生には本当にお世話になりました。クラスでのディベートトレーニング,文法の授業から,個人的な英検に向けた練習,さらにはアメリカ文学や発展的な文法まで教えていただきました。

    アメリカ人と違い,寡黙な日本人を相手しての授業,戸惑うこともあったとは思いますが,先生が伝えたかったことは生徒にきちんと伝わっていたと確信しています。本当にありがとうございます。

    これからはもっと自信を持って,快活に自分の意見を言えるよう努力していきます。今も頑張るピーター先生に思いを馳せながら。

                   インタビュワー兼翻訳 高校3年 本田』

  • 2020年09月16日(水)

    高校1年 宇宙学講義

    9月16日(水)に宇宙生命系,航空工学系,宇宙開発系において宇宙学講義が行われました。

     

    宇宙生命系

    講師:山岸 明彦先生(現職:東京薬科大学生命科学部名誉教授)

    JAXAの進めているタンポポ計画や生命体の存在する惑星探査の仕方について講義していただきました。

    タンポポ計画とは,ISS-JEM(国際宇宙ステーション・日本実験棟)上での微生物の天体間の移動の可能性の検討と微小隕石の検出および生命の材料となり得る有機化合物の解析実験のことです。

    生徒たちは地球外生命体の存在に大きく胸を弾ませているようでした。

    DSC_6203

    航空工学系

    講師:麻生 茂先生(現職:久留米工業大学 工学部 交通・機械工学科 特別教授)

    航空機発展の歴史や揚力の原理,航空宇宙工学の最新研究などについ講義していただきました。

    模型に風を送ることで実際に揚力がはたらく様子を確認できたので,生徒たちは大興奮でした。

    DSC_6178

    宇宙開発系

    講師:三輪田 真先生(現職:内閣府宇宙開発戦略推進事務局 技術参与)

    火星に人類が行くとしたらどのくらいの年月が必要か,どのような課題があるかなどの講義をしていただきました。

    生徒たちは,火星に行って戻るためには多くの年月が必要ということを知り驚いたようでした。

    DSC_6200

    宇宙学の論文作成に向けて今回の講義を生かしてほしいと思います。

    3人の先生方,お忙しい中,貴重な講義をしていただきありがとうございました。

  • 2020年09月11日(金)

    離任式

    9月11日金曜日,ALTのピーター先生の離任式が放送で行われました。

     

    ピーター先生は本校で2年間勤務されました。

    職員室にピーター先生を訪ねて来る生徒も多くおり,生徒たちの英語教育にとってとても大きな存在でした。

     

    式では校長先生からの紹介のあと,ピーター先生の英語でのあいさつがあり,その後,日本語で生徒にメッセージを送られました。

    生徒は日本語で一言一言丁寧に伝えようとしてくださるお話に,真剣に耳を傾けていました。

    生徒会長は,お礼の言葉として英語でメッセージを送りました。

     

    ピーター先生は今後,母国に戻られて勉学に励まれるとのことです。

     

    ピーター先生の今後のますますのご活躍を楠隼の生徒職員一同,心より願っています!

    ピーター先生!ありがとうございました!

     

    DSC_6162

    DSC_6165

    DSC_6167

  • 2020年08月24日(月)

    2学期始業式

    8月24日,第2学期の始業式が行われました。

     

    学校での新しい生活様式が求められる中,放送での始業式となりました。

    生徒は体育館には集合せず,各学級で真剣に話を聴いていました。

     

    校長先生の式辞では,「学力向上」「人間力向上」「思いやりの心」についてお話があり,コロナ禍をどう乗り越えていくかについても触れられました。生徒達は2学期をどのように過ごしていくべきか考えている様子でした。

     

    2学期は生徒・職員一同,1学期以上に張り切って頑張っていきます!

     

    DSC_6153

    DSC_6156

  • 2020年08月20日(木)

    熱血!医学部セミナー開催

    8月20日(木)に富士学院による医学部セミナーが開催されました。

    image0 (9)

    医学部受験のエキスパートによる,医学部入試の最新情報を講義していただきました。

    その中で合格に向けたポイントに挙げられたのが

    ①自己分析をしっかり行い,自身の課題の克服に努めること。

    ②大学ごとの最新の正しい入試情報を入手すること。

    などでした。他にも面接のポイントなども詳細にアドバイスいただき,受講した生徒達はたいへん勉強になったようでした。

    今回の講義を今後の学習に生かし,夢実現を果たしてほしいと思います。

    富士学院の先生方,お忙しい中,貴重な講義をしてくださりありがとうございました。

  • 2020年08月05日(水)

    コーンな!美味しい贈り物がありました!

    7月30日,楠隼の給食で1人1本のとうもろこしが出ました。

    このとうもろこしは「肝付の食材でキバレ!楠隼生!」ということで,肝付町観光協会ツーリズム部会様からご提供いただいたものになります。

    本年度中止となった農業漁業民泊体験に代わり,生徒達が肝付町の食材に親しみを持つ機会を設けてあげたいというご厚意によって実現しました。

     

    生徒たちは皆嬉しそうに,また,楽しそうにかぶりついていました。

    食べた生徒からは

    「甘くて実がぎっしりとつまっていてとても美味しかった」

    「肝付町の方々に支えられて生活しているという感謝の気持ちでいっぱいです」

    といった感想,感謝の言葉がありました。

     

    肝付町観光協会ツーリズム部会の皆様方!

    コーンなに美味しい贈り物をいただきまして,ありがとうございました!

     

    DSC_6077

    DSC_6078

    DSC_6091

    DSC_6084

    DSC_6089

  • 2020年07月31日(金)

    1学期終業式・任命式 ~1学期頑張りました~

    7月31日,1学期終業式ならびに生徒会・寮生徒会の任命式が行われました。

     

    6月1日にスタートした楠隼の1学期が本日,無事に締めくくられました。

    学校や寮で取り入れられた新しい生活様式に,生徒達も戸惑うところはありましたが,特に大きな病気等もなく過ごすことができました。

    校長先生からの講話では,1学期の振り返り,夏期休暇期間の過ごし方や注意点についてお話がありました。

    夏期休暇の間にそれぞれで英気を養い,2学期からもさらにパワフルに頑張りましょう!

     

    また,生徒会・寮生徒会任命式では,以前行われた生徒会選挙で選ばれた新会長副会長ならびに生徒会役員が任命されました。

    ここから正式に新生徒会役員が活動していくことになります。

    これからの彼らの活動もこのブログの中でお伝えしていきますので,乞うご期待!

     

    DSC_6110

    DSC_6126

    DSC_6133

  • 2020年07月31日(金)

    肝付学出前講義 ~肝付町の歴史を学ぶ~

    7月30日(木),肝付学の授業にて町教育委員会生涯学習課の学芸員でいらっしゃる清田先生をお招きして講義をしていただきました。

    高校1年生対象の肝付学では,週に2時間,楠隼のある肝付町や大隅の歴史,地理について,各自の関心に基づき探究活動に取り組んでいます。

    今回の講義では,塚崎古墳群や高山城跡についてなど,肝付町の持つ歴史の魅力についてのお話しを聞ける貴重な経験ができました。

    実際に,塚崎古墳群を歩くと今でも土器を発見できること,高山城近くにある弓張城を調査した際のこと,シラス台地が山城に向いている理由など,専門性の高い話を貴重な経験・知識と一緒にお話しいただきました。

    生徒達も,興味や関心に沿って探究する楽しさを体現した先生からのお話に,とても刺激を受けている様子でした。

    清田先生,貴重なお話をありがとうございました!

    DSC_6093

    DSC_6095

    DSC_6096

  • 2020年07月27日(月)

    寮生夜話が行われました

    7月25日(土)の夜,夜の寮学習の時間を使い,今年度初めての寮生夜話が行われました。

    内容は高校生2名による留学時の報告で,約60名ほどの生徒が参加しました。

    報告者は2年生の星乃直理君と大矢颯樹君で,星乃君はアメリカへ,大矢君はブラジルへの留学時のことを報告しました。

    2人が留学中に経験した出来事や苦労したこと,現地の友人やホストファミリーのことなどをスライドを活用して話してくれました。

    参加していた生徒達も,なかなか聞けない経験談をメモをとりながら積極的に聞いており,質問タイムには時間いっぱい質問が飛び交いました。

     

    2人は新型コロナウィルスの影響で留学途中の無念の帰国となりましたが,留学で得た経験をこれからの楠隼での生活に活かしてくれると思います。

     

    全体

    星乃

    大矢